“春の沖島”
 H30年度版

 厳しい冬が過ぎ、小アユ漁やフナ漁が始まると、“沖島の春”到来です。
 沖島の春は、島の所どころに桜が咲き、山では“蕨”“筍”“よもぎ”などの山菜も採れたり・・・とのんびりとした懐かしい春の風景に出逢えます。
H30年・春の話題

 今年も沖島に暖かな春がやって来ました。今年は例年より桜の開花が早く、毎年恒例となった“沖島桜まつり”も当初の計画より日程を早め、開催させていただきました。また春の訪れを告げる“小アユ漁”や“ニゴロブナ漁”も始まり、沖島の春、始動です。そんな春色の沖島から今年の話題をお届け致します♪


 春到来! 今年の春の漁は…
 今年も春の到来とともに今季の漁が始まりました。しかしながら、今年もまた例年にない漁の状況に困惑しています。昨年はこの時期最盛期を迎える“小アユ漁”が原因不明の不漁でしたが、今年は昨年順調だった“ニゴロブナ漁”が不漁となっています。

“沖島名産「鮒ずし」”
 “ニゴロブナ漁”は3月から活況となりますが、4月当初の時点で昨年に比べて半分の水揚げ量しかない状況でした。鮒ずしの材料となる塩切り鮒用の鮒も目標の3分の1程度しか確保できず、その後も好転を期待いたしましたが、現時点で鮒ずし用の鮒は目標の半分に満たない量しか確保できていない状況です。
 水揚げ量自体も昨年に比べ少ないよう思いますが、今年はこの時期にしてはサイズの大きなものが多く、鮒ずしに適したサイズ(200〜300g程度)のものの水揚げが少なくなっています。サイズの大きなものは鮒ずしにした場合、漬かりが悪くなります。このため、「沖島の鮒ずし」の品質保持の観点から使うことは出来ず、塩切り鮒の販売や鮒ずし講習会への影響が大きな懸念となってきています。


“鮎山椒入り若煮”
 また、春の風物詩でもある“小アユ”の刺し網漁も始まりました。今年は昨年に比べると良くはなっているものの、例年の水準には及んでいません。水産課の調べによると魚群が少ないため回復してきているとはいえない状況のようです。しかしながら、昨年とは違い、小アユ自体は形の良い、太ったものが獲れており、栄養的には充分な餌があり例年並みに成長できているのでは…と少し安堵しているところです。


“本もろこ若煮”
 そのほか、“本もろこ漁”は昨年に続き豊漁です。これは昨年の春、行われた一部地域でのホンモロコ漁獲規制など、これまでの県を挙げての取り組みの成果が現れてきたのではと推測されます。県によれば昨春の東近江、近江八幡市の二つの内湖周辺でホンモロコの漁獲規制したところ、稚魚の生息密度が直近4、5年間の平均と比べ、最大25倍に増加したとの調査結果もあり、資源回復に一定の効果があったとされています(読売新聞記事より)今年も続けて規制を実施するそうで今後の更なる資源回復に期待を寄せるものです。

 こうした今年の春の漁の様子からも覗えるように、琵琶湖の漁は1年として同じ年はなく、毎年違った様相を見せます。そのため、漁業者としては熟練した技と長年の勘が要求されます。しかしながら、年々深刻となる後継者不足で熟練した技と長年の勘が失われつつあります。琵琶湖の資源回復とともに後継者不足も回復していくことを願うばかりです。

※ “沖島の鮒ずし”“鮎山椒入り若煮”“本もろこ若煮”などは「湖島婦貴の会」の屋台(漁港会館前)および通信販売でお買求めいただけます。
詳しくはこちら・・・ 

 今年も盛況♪ “沖島 桜まつり”
 今年も毎年恒例となりました漁協婦人部“湖島婦貴の会”主催の“沖島 桜まつり〜桜色の島で桜ウォーク&郷土料理♪(3月31日〜4月10日)を開催いたしました。
 今年の「沖島の桜」は“パーッと咲いてパーッと散った”という印象です。
 今年は全国的にも桜の開花が早かったようですが、沖島でも例年より早く咲き始めました。晴天続きと暖かさも手伝って次々と花開き、4月3日頃には満開となりましたが、その2・3日後の春の嵐により桜吹雪となってしまいました。満開の期間は短かったのですが、今年も見事に花開き、沖島を桜色に染めてくれました。また、お天気にも恵まれたため、“桜ウォーク”も楽しんでいただけたことと思います。

“お花見セット”八朔ゼリーが付きました♪
 桜まつりでは、お馴染みとなった“お花見セット”をはじめ、商品の内容と価格をリニューアルさせていただきましたが、例年同様ご好評をいただき、多くの方に“沖島の味”を楽しんでいただけましたこと、安堵するとともに感謝申し上げます。
 また、回数を重ねるにつれ、島を訪れてくださる方も年々増加し“春のイベント”として定着してきたことを実感するととともに、島民の暮らしと「イベント」を共存させていく環境整備の必要性も見えてきております。このような課題を念頭に、今後も沖島の“春のイベント”として、みなさまにより一層楽しんでいただけますよう、少しずつではありますが、着実に取り組んで参りたいと思います。
※ 桜の写真は「イベント情報−桜アルバム」で、ご覧いただけます。


 Kokocool MOTHERLAKE SELECTIONに選定されました♪
 このたび、漁協婦人部“湖島婦貴の会”の「沖島湖魚料理」がKokocool MOTHERLAKE SELECTION 2017(ココクール マザーレイク・セレクション2017)に選定されました。
 「ココクール マザーレイク・セレクション2017」とは、滋賀ならではの資源や素材を活かし、心の豊かさや上質な暮らしぶりといった滋賀らしい価値観を持つ商品やサービスを自薦・他薦により広く募り、「選び」「魅せる」ことでその良さを発信し、多くの方に体感いただき、こうした滋賀の商品やサービスのファンとなっていただけるように、平成24年度から始めた取組みです。平成29年度は計226件の応募の中から10件が選定されました。
 
湖島婦貴の会の「沖島湖魚料理」“おばあちゃんの知恵を持ち寄って心をこめて料理。沖島を感じる若煮は、新鮮な湖魚を昔ながらの調味料で短時間で柔らかく甘辛く炊き上げる伝統の味を継承している(「ココクール」ホームページより)として、10件のうちの一つに選定されました。

“鮎山椒入り若煮”

“えび豆”
 このような形で、沖島のお母さんたちが昔から受け継いできた料理が評価されましたことを大変嬉しく思っております。これを励みに、より一層、沖島の味を大切にし次世代に伝えていけるよう取り組んで参りたいと思います。

※ 「沖島湖魚料理」は通信販売「沖島家庭の味宅配便」で、お買い求めいただけます。
※ 「ココクール マザーレイク・セレクション」についての詳細はhttps://www.kokocool-shiga.jp/をご参照ください。

《参考資料》「ココクール マザーレイク・セレクション」ホームページ

 “チャネルキャットフィッシュ”沖島で調査開始…
 “冬の沖島”の中で今冬の話題として取り上げました“チャネルキャットフィッシュ”ですが、琵琶湖の北湖で生息が確認されたことから、沖島周辺でも調査が開始されました。

“チャネルキャットフィッシュの成魚”
 この“チャネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ)”は北米原産で、日本には養殖対象種として1971年に移入され、外来生物法において「特定外来生物」に指定されています。 漁業における影響としては、トゲで網や漁獲物を破損したり、手の怪我などの被害、また雑食性であることから小魚が食べられたりする被害も発生しているようです。既に国内では霞ヶ浦などで大きな問題となっており、漁業者や漁協などで駆除が行われています。
 琵琶湖でも繁殖による生息数の増加や生息域の拡大が懸念されていることから、このたびの調査開始となりました。沖島周辺での捕獲の報告がされないことを願うばかりです。

 沖島通船“もんて丸”就航開始です♪
 この春、沖島通船の予備船“もんて丸”が就航を開始いたします。
 観光シーズンや島のイベントなどでご来訪される方々が年々増加するにつれ、沖島通船の定員オーバーにより、ご迷惑をおかけすることが発生するようになりました。その都度、ピストン輸送などをして対応してまいりましたが、予てから進めておりました予備船の手配が整い、この春、就航開始の運びとなりました。ご来訪者の方々には、ご不便をおかけしておりましたこと、ここにお詫び申し上げます。
 この“もんて丸”は「予備船」という位置づけのため、観光シーズンや島のイベントなど多くのご来訪者が見込まれる時のみの運航となります。何卒、ご理解とご協力をいただけますよう、よろしくお願い致します。
 また、沖島通船は島民の唯一の公共交通手段でもあります。そのため観光客の皆様にはご不便をおかけすることもございますが、併せてご理解とご協力をいただけますよう、よろしくお願い致します。

 沖島遊覧船“もんてクルーズ”始動!
  暖かな春の訪れとともに『沖島遊覧船“もんてクルーズ”』も始動いたしました。“もんてクルーズ”は「離島振興法」に基づき発足した「沖島町離島振興推進協議会」が中心となって運営するもので、漁協もその一員として参画し運航に協力してしております。
 これからの季節、新緑とともに島民ガイドから沖島の歴史などを聞きながら
“一周40分の小旅行”はいかがでしょうか♪
 詳しくは「イベント情報」のページをご覧くださいませ。

〜〜春の風物詩〜〜〜〜〜 ここからは例年の“春の沖島”の様子をご紹介しております
小アユ漁
 小アユ漁は、“細目小糸漁”とよばれる刺し網漁で4月ごろから盛んになります。沖島では、刺し網にかかった魚を独特の方法ではずします。漁船に高く組まれた足場に網を掛け、その網を振るって魚をはずすのです。他で見られることもありますが、この方法は沖島発祥の方法です。そのため、この漁が始まる頃になると、漁船に高い足場が組まれはじめ、まさに沖島の春到来を告げる風景といえます
 また6月の決められた期間ですが、今はあまり行われない“沖すくい網漁”も行われます。沖すくい網漁とは漁船の舳先にとりつけた大きな網で、アユの群れごと、すくい取る漁法です。熟練を要する漁法です。
塩切り鮒の仕込み

 “塩切り鮒”とは「ふなずし」の材料となるもので、春に獲った琵琶湖産の天然“ニゴロブナ”を丁寧にウロコと内臓を取り、3ヵ月程度塩漬けにしたものです。このころの鮒は卵を抱えており、「ふなずし」の中でも特に美味とされています。
 毎年、春が来ると、“塩切り鮒”の仕込み作業が始まります。水揚げされたばかりのニゴロブナを傷つけないように仕込むのは、とても手間のかかる作業ですが、美味しい「ふなずし」を作るには、手の抜けない重要な工程のひとつです。

  “内臓部分は、卵を傷つけないように、えらのところから取り出します。”

 
 
“塩切り鮒”の予約販売を行っています。
 詳しくは、こちらの
“ここをクリック””を
ご覧ください
 
沖島の桜
 沖島の桜の開花は、少し遅めで毎年4月に入ってから咲き始めますが、今年は開花が早く4月初めには満開でした。(撮影日:H30.4.4 )
 島では、あちらこちらで桜が楽しめますが・・・特に西福寺を抜けて島の西側の桜並木は見事です。またケンケン山の登山道にある“お花見広場”では、お花見をしながら比良山系・比叡山を望む景色が楽しめます。
沖島春祭り

 沖島では毎年5月に“春まつり”が行われます。昔から島民が集う行事のひとつで春まつりの頃になると、島から離れて暮らす家族がみな集まり、お正月さながらの賑わいになります。
 お祭りは、前日の夜の“宵宮うつし”から始まり、島の神様“瀛津島神社”の本殿にお祭りするため、神輿倉からお神輿と太鼓を持って上がります。 次の日の祭り当日、14時頃からお神輿を担いでお宮さんから下がり、町内をねり歩き、神輿倉へと向かいます。昔は、天気が良いとお神輿を船に乗せ休暇村まで往復しましたが、最近は安全に配慮して行われなくなりました。
 こうして、16時頃には神輿倉に収め、公園では“なおらい”が始まります。
 昔から春のお祭りになると“ゆぐみだんご”を作ったり、沖島で採れた山菜、筍を使って“煮しめ”を作ったりして家族みんなでいただきます。“ゆぐみだんご”とは、餡の入ったよもぎだんごのことで、沖島の昔ながらの呼び名です。
 また、最近は祭りの次の日に子ども会の呼びかけで、“ケンケン山”へ登り、昼食会をする催しも始まりました。
 このように、昔とは少しずつ様変わりしながらも、沖島の大事な行事のひとつとして受け継いで行きたいと思います。

〜〜春の味覚〜〜〜〜〜
“小アユ”
 琵琶湖のアユは、春に琵琶湖から川をのぼって大きくなるアユと、琵琶湖で生活して大きくならないアユがいます。大半はこの大きくならないアユで、小アユと呼ばれ、春に漁の最盛期を迎えます。
 小アユは、佃煮として食されるのが一般的ですが、島では、天ぷら、唐揚げ、南蛮漬けなどにしても頂きます。小ぶりなので骨が柔らかいのは元より、アユ独特の風味もしっかり味わえる逸品です。
※小アユの佃煮(若煮)は漁協会館前の「湖島婦貴の会」屋台または通販でお買い求めいただけます。
“鮎山椒入り若煮”
“山菜・たけのこ”   
 沖島では、“山菜”は4月から、“たけのこ”は5月頃から出始めます。
 「煮物」にして頂くのが一般的で、山菜に小芋・ニシン(または油揚げ、棒だら)・たけのこ・ふき・赤こんにゃくなど5品くらいを一緒に炊いて頂きます。
“蕨(わらび)”
“よもぎだんご”
 沖島に自生している“よもぎ”を摘んで作ります。中は餡子の丸いおだんごです。また、“さとだんご”と言われるもち粉によもぎと黒砂糖を入れて練ったおだんごも春の沖島の味です
《参考文献》
・ 「琵琶湖の幸 読本」 平成19年9月発行 滋賀県漁業協同組合


トップページへ