(写真は2匹分です) 

 原材料名:ニゴロブナ、米、塩
 保存方法:要冷凍
 内 容 量:100g以上(価格によって異なります)
 
 ※ 開封後は、再度、冷凍して保存していただければ、
  1ヵ月は日持ちいたします。


《お召し上がり方》
 洗わずに、そのままお召し上がりください。
 少し醤油をたらしてお吸い物に、またお茶漬けにしても
 美味しく召し上がって頂けます。
商品番号−C

   “沖島の鮒ずし”

 価 格: 1尾 ¥1,500〜
(税別)
     ※ 真空パックでお届けします。

@  鮒ずしは一尾ごとの大きさが異なりますので、1尾¥1,500〜とさせていただております。ご注文の際にご予算をお知らせください。ご予算に応じた大きさのものをご用意させていただきます。
A  一尾をスライスしてお届けすることもできます。ご注文の際にお知らせください。

 『鮒ずし』は、鮒のウロコと内臓を取り、3ヵ月以上塩漬けにしたものを丁寧に洗い(塩切り)、飯漬けにし5ヶ月くらい発酵させた発酵食品です。滋賀県を代表する名産品であり、滋賀県の無形文化財にも指定されています。
 
“沖島の鮒ずし”は、春、沖島で水揚げされた卵をたっぷり抱えた“天然ニゴロブナ”を沖島で昔から受け継がれている方法で漬け込みました。この時期の鮒は最も美味と言われており、芳醇な味わいに仕上がっています。
 毎年、
『食べやすい♪』『ご飯のところがチーズみたい♪』と好評をいただいています。ぜひ、ご賞味下さいませ。

※ 現在、販売している“沖島の鮒ずし”はH27年の夏に漬け込んだものです。今年(H28)の夏に漬け込んだ鮒ずしは11月中旬頃からの販売予定です。